2013年06月10日

大島優子が頭を抱えた理由

モデルプレス(2013年6月9日18時07分)

「第5回AKB48選抜総選挙」で連覇を逃したAKB48の大島優子が、開票イベントから一夜明けた9日、自身のブログを更新した。

「お祭り終わりました〜」と切り出した大島は、1位をHKT48の指原莉乃に譲ったことに「第二位に呼ばれたときは一瞬、なにが起きてるか分からなくなって、あ、わたしだ!って瞬時に頭をかかえました笑」とステージで見せた笑顔の理由を説明。「でも、それはショックや悔しい気持ちじゃなくてこんな劇的なことあり?!って拍子抜けしてしまいました」と心境を振り返った。

今回の選挙総選挙ではかつて“神7”と呼ばれたメンバーが軒並み順位を下げるなど、姉妹グループを含めた新しい世代と呼ばれる面々が上位に食い込んだ。しかしその中でも大島は堂々の2位。「新しい世代がどんどん勢いをつけていて、可愛い子もたくさん増えている中、二位になれるなんて。投票してくれたみなさん、ありがとうございました!!わたしのファンでいてくれてるみなさん、大好きです」とファンに感謝した。

その一方で「センターを望んでいたひともいたと思うけど残念がらないで」と呼びかけ、「残念がっているなら、悔しいならその気持ち晴らせるようにもっと活躍する!票をいれてくれた期待の気持ちをわたしはこの先の活動で返していくぞー!!」と意気込み。最後は指原との“おちゃらけ2ショット”を公開し、「指原、一位おめでとう」と祝福メッセージをつづった。(モデルプレス)

記事URL
http://news.infoseek.co.jp/article/modelpress_011250885
ラベル:大島優子
posted by ひでまろ at 04:30| Comment(0) | AKB48 大島優子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。