2017年09月26日

HKT荒巻美咲、運上弘菜デュオがじゃんけん女王に


<第8回AKB48グループじゃんけん大会>◇24日◇名古屋・日本ガイシホール

 8回目のじゃんけん大会は、HKT48の荒巻美咲(16)と運上弘菜(19)のデュオ「fairy w!nk(フェアリーウインク)」が、NMB48矢倉楓子(20)村瀬紗英(20)のデュオ「ふぅさえ」を決勝で下し、メジャーデビュー(12月13日発売)を決めた。

 どちらも初戦から決勝まで、荒巻と矢倉がともにじゃんけんを戦ってきた。荒巻は、決勝でチョキを出して矢倉に勝利した。荒巻は「すごい緊張したんですけど、勝ててうれしいです」。ともに挑んだ運上は「私は何もしてないんですけど、本当に良かったです」とともに涙ながらに喜ぶと、指原莉乃(24)も「おめでとう!」と祝福した。


記事URL
http://news.livedoor.com/article/detail/13657704/

おめでとう。

posted by ひでまろ at 11:23| AKB48グループじゃんけん大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月17日

AKB48グループが年間「写真集ランキング」占拠

2015年の「オリコン年間"本"ランキング」が11月末に発表され、AKB48・小嶋陽菜(27)の写真集『どうする?』(宝島社)が売上11万7204部で写真集部門で2位にランクイン。女性タレントでは1位になり、2年連続の年間写真集女王に輝いた。





 人気が下降しているといわれるAKBグループだが、写真集では圧倒的な強さ。NMB48・山本彩(22)の『SY』(ヨシモトブックス)が99,691部で女性部門3位、毎年恒例の『AKB48総選挙!水着サプライズ発表 2015』(集英社)が同4位、乃木坂46・白石麻衣(23)の『清純な大人』(幻冬舎)が75,860部で同5位。



 以下も同じく乃木坂の西野七瀬(21)の『普段着』(幻冬舎)が69,348部で6位、HKT48・宮脇咲良(17)の『さくら』(集英社)が55,705部で8位、さらに写真集が5位に入っていた白石のフォトブック『MAI STYLE』(主婦の友社)が52,119部で10位。1位に嵐・大野智(35)のアートブック、7位に絶景写真集、9位に三代目 J Soul Brothersの登坂広臣(28)のフォトエッセイが入っているが、それ以外はAKBグループが総合トップ10を占拠。女性タレント限定なら独壇場だった。




記事URL
http://news.livedoor.com/article/detail/10898884/

posted by ひでまろ at 13:33| Comment(0) | 写真集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月08日

【AKB劇場10年祭】涙の「最前列空席」物語

「AKB48劇場オープン10年祭」が6日、都内のザ・プリンスパークタワー東京で開催され、卒業生25人と現役メンバー19人が集結して節目を祝った。8日に発足から10周年を迎えるAKB。国民的人気グループに成長した陰に「空席」をめぐる物語があった――。

 AKB48は2005年12月8日、「会いに行けるアイドル」をコンセプトに活動を始めた。観客数人のスタートから日本を代表するアイドルグループとなり、国内各地や世界に姉妹グループが展開。記念日を前にした6日の「10年祭」は、08年に限定2000部で発売された「AKB48 2nd Anniversary スペシャルフォトアルバム」の購入者が登録特典として参加チケットを手に入れることができた。

 初期から応援してきた約500人のファンにステージ前の席が用意されたが、最前列の1席だけが空席のままだった。

「“ライダー”と呼ばれた1人のファンの方のための席でした。いつもバイクに乗って劇場へ来るので、みんなからそう呼ばれていました。早朝から並んでチケットを購入して観賞するほど熱心に通ってましたが、ある日、劇場のフロアの隅で倒れてしまい、その後に32歳という若さで亡くなってしまった。公演後に訃報を知らされたメンバー全員が泣き崩れていた」(AKB関係者)


記事URL
http://news.livedoor.com/article/detail/10924977/


ラベル:AKB劇場
posted by ひでまろ at 13:16| Comment(0) | AKB劇場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月30日

さしこ、組閣で狙うは「総支配人」

アイドルグループ・HKT48の指原莉乃が29日、都内で行われた『ベストコスメ年間グランプリ』の授賞式に出席。

来月24日にAKB48グループのメンバーを再編成する『大組閣祭り』を控える指原は、AKB“復帰”の可能性について「ないと思います」と即答し、「予想ですけど、HKT48のままだと思います」と語った。


 過去には、海外移籍なども発表された“組閣”だが「私は何回も経験しているので、当日は取り乱したりはしないと思う」と不安は少ないようで、自身の希望を聞かれると「支配人より偉い人になれるように頑張ります。(AKB48グループの)総支配人で!」と大胆にアピールしていた。

記事URL
http://www.47news.jp/topics/entertainment/oricon/music/140175.html

今年も、総選挙でガンバレ!

ラベル:HKT48 指原莉乃
posted by ひでまろ at 05:30| Comment(0) | AKB48 指原莉乃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月28日

板野友美 納得いかず異例の歌い直し

8月27日にAKB48を卒業する板野友美(22)が27日、都内で、ソロ4thシングル「1%」の発売記念イベント「CLUV Tomo. DANCE TRIAL Edition」を行った。抽選で選ばれた2000人を前に、同曲など7曲を熱唱。中森明菜の名曲「少女A」も初披露したが、納得できずにもう一度歌い直すなど、歌への強いこだわりを見せた。

 「少女A」を歌い終えた時だった。「ちょっと止めて下さい」としゃがみ込み、「リハーサルの時は緊張しなかったのに、なんで本番だと緊張しちゃうんだろう」と悔しそうに苦笑い。「もう1回やってもいいですか?」とファンへ問いかけると、会場からは「頑張れー!!」という大歓声がわき起こり、板野はもう一度最初から、「少女A」を歌い直した。

 負けず嫌い。そして、歌へのこだわりをのぞかせた異例の行動だった。


記事URL
http://news.livedoor.com/article/detail/7899825/

ラベル:板野友美
posted by ひでまろ at 07:46| Comment(0) | AKB48 板野友美 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする